結婚披露宴・結婚式・婚活のパーフェクトガイド

式場選びのコツやブライダルフェアの活用法を紹介!

画像
画像

結婚式・結婚披露宴にお呼ばれされたときのマナーについて解説します。
年に数回しかないイベントだから、忘れてしまいがちですが、正しいマナーを頭に入れておきましょう。

招待状の返事の書き方

結婚式の返信はがきの書き方にもマナーがあります。
出席・欠席のいずれかに丸をつけて返信すれば良いというものではないのです。

1.宛名の書き方

まずは返信用はがきの中央に書かれている宛名「○○行」の「行」を斜線で消します。
そして消した行を様に直しましょう。
POINT:行を消すときに使うのは2重線か斜線です。×と書いたり、塗りつぶすのはマナー違反。定規などを使ってキレイに線を引くのが理想です。

2.出欠確認面の書き方

出席する場合は出席を丸で囲んで「御出席」の「御」を先ほどと同じように斜線か二重線で消します。 さらに、御欠席の文字も二重線で消しておきます。
「御住所」「御芳名」の御・御芳も同様に消しましょう。
余白にお祝いのメッセージを書いておけば、パーフェクトです。

欠席の場合も同様に敬語を斜線や二重線で消していきます。
もちろん、欠席は○で囲んで、出席を消しましょう。
欠席の場合でも、余白にはお祝いのメッセージと残念であるという気持ちを書きましょう。

POINT:新郎新婦は準備の為に出席する人数・欠席の人数を早めに知りたいものです。
出席する場合でも欠席する場合でも、出来るだけ早く返事を出すのがマナーです。

結婚式の服装の疑問アレコレ・・・

結婚式や結婚披露宴の服装のマナーで悩む人が多いようです。
ここでは、そんな服装についての知識を簡単にまとめてみました。

結婚式の招待状で「平服」と指定されていた?

平服を指定されていた場合は、礼服を着る必要はありません。
具体的に平服とは略礼装のことを指しています。
かなり自由度は高いと言えますが、もちろん普段着はNGです。
男性ならダークスーツを基本に小物で雰囲気を出してみましょう。
女性はスーツ・ワンピースなど比較的自由でもOK。
適度に自分らしさを表現する小物やアクセサリーなどを取りいれてみてください。

男性の服装の基本!

お呼ばれの場合、男性は基本的にブラックスーツのようなスタイルで出席するのがマナーです。
ブラックスーツは昼夜問わず着用できるので便利!
友人や知人、会社の同僚などの結婚式であれば、ブラックスーツでも何の問題もありません。
もし、主賓クラスで招待されているのであれば、準礼装がイイかも・・・ 準礼装とは、昼であればディレクターズスーツ、夜であればタキシードが該当します。

女性の服装の基本!

女性の結婚式・披露宴での服装は、基本的にブラックスーツでOKの男性と違い、ちょっと面倒かも。 それでも、基本のルールさえ覚えておけば、それほど難しいものではありません。

基本的に、結婚式・結婚披露宴に招待されたときは準礼装が一般的です。 昼の場合は、ワンピースやスーツなどセミアフタヌーンドレスを着用します。 夜はカクテルドレスなど華やかなものを着用します。
素材は昼なら光らないもの、夜は光るものにしましょう。

また、バッグやアクセサリーも昼夜で使い分けるのが一般的です。
バッグは昼なら布製を夜ならビーズやエナメルなどを。
アクセサリーは昼は光らないもの、夜は比較的ゴージャスなものを使うと良いでしょう。

MAIN MENU

【結婚式&披露宴編】

【婚活編】

Recommend

式場を探す

結婚相談所

結婚紹介サイト

婚活パーティー

ブライダルエステ

facebookアプリ