結婚披露宴・結婚式・婚活のパーフェクトガイド

式場選びのコツやブライダルフェアの活用法を紹介!

画像
画像

結婚式や結婚披露宴にゲストを招待するときの基本マナーをご紹介します。
非常識と思われない為にも、頭に入れておくと良いですね。

招待状について・・・

結婚披露宴は新郎新婦がお世話になった人達に結婚を報告する場でもあります。 そんな大切なゲストには最高のおもてなしと礼儀を尽くしたいですよね。

そして、結婚式や披露宴にゲストを招待するにあたって、最初のマナーとなるのが実は「招待状」なんです。

一般的に招待状を発送するのは結婚式の三カ月前です。
しかし、突然招待状を送りつけるのは失礼にあたってしまいます。
事前に電話などで結婚の報告をして、式の日取りを伝え、口頭で直接打診するのが理想です。

主賓や勤務先の上司を招待する場合

招待状は相手がどんな立場であっても、郵送が基本です。
もちろん、主賓や勤務先の上司を招待する場合も例外ではありません。

ただし、主賓や勤務先の上司の様な目上の立場の人を招待する場合は招待状を手渡しするのも丁寧で好印象です。
もちろん多忙で時間がなかったり、遠方で手渡しができない場合は郵送でも失礼にはあたりません。
この場合でも、電話で事前に連絡しておき、郵送した旨を伝えておくのがベターです。

招待状の重さは?

意外に忘れがちになってしまうのが招待状の重さです。
念の為に、招待状の切手を用意する前に重さを改めて確認しておくと良いでしょう。
招待状の他に、地図やスピーチ依頼の追伸などを入れると重量オーバーになってしまうこともあります。 料金不足で届いてしまって、相手に不足分を払ってもらうことにならない様に気をつけましょう。 また、切手は慶事用を使用することもお忘れなく!

小さな子供がいる友人に・・・

子供でも出席OKという結婚式であれば、その旨も伝えておきましょう。 招待する側としては、子供の年齢を考慮して、会場と打ち合わせも必要になるかもしれません。

乳幼児であれば、ミルク用のお湯やおむつ替えの場所を用意しなければいけません。
こども用の料理なども考えておきたいですね。

もちろん、子どもはNGという結婚式もあるでしょう。
そんな場合は「お子さんにはつまらないかも・・・」と言って、やんわりと断るようにしたいですね。

リゾートウエディングの場合

国内リゾートや海外で結婚式を挙げる場合は招待するゲストに対して費用の負担がどうなるのか・・・ という点を話しておくのが理想的です。

交通費や宿泊費などは新郎新婦側で負担するのが一般的ですが、やむを得ず、それが出来ない場合もあるでしょう。
その場合は事前に「宿泊ホテルはご用意しているので、現地までの交通費はご負担いただけますか?」と伝えておきましょう。

費用の話は言いづらいものですが、ゲストを悩まさない為にも伝えるべきことはしっかりと伝えておくのがマナーです。
全て負担するつもりであっても、その旨を予めゲストに伝えておきましょう。

お礼やお返しについて

画像

結婚式で二人を支えてくれた人、お世話になった人にはお礼とお返しを用意しましょう。 今後のお付き合いの為にも意識しておきたいマナーです。

お礼

受付や司会など特別な役割を担ってくれた人には感謝の気持ちとしてお礼を用意しましょう。 当日お礼のお金を包むor後日改めてお礼の場を設けるなどが一般的です。

内祝い

結婚式に招待しなかったのに、お祝いをくれた人にはお返しに内祝いを送りましょう。
頂いたお祝いの半額を目安にするのが目安です。

MAIN MENU

【結婚式&披露宴編】

【婚活編】

Recommend

式場を探す

結婚相談所

結婚紹介サイト

婚活パーティー

ブライダルエステ

facebookアプリ