結婚披露宴・結婚式・婚活のパーフェクトガイド

式場選びのコツやブライダルフェアの活用法を紹介!

画像

「結婚披露宴の人選は重要です」

結婚披露宴というのは、とても大勢の方の助けがあってこそ成り立っています。
式場側の方はもちろん、ご招待した方々、司会をお願いした方、挨拶や余興を お願いした方、受付をお願いした方、エスコートをお願いした方など、とても 多くの方の助けがあって、新郎新婦の結婚披露宴というのは成り立っています。
しかし、ここで人選ミスと言っては聞こえが悪いのですが、その場が苦手な人を 選んでしまったなど、選ぶ人を間違ってしまうとせっかくの結婚披露宴が 台無しにもなりかねません。
多少の失敗は笑い話になりますが、大きな失敗はイヤな思い出として残ってしまいます。
これは、お願いした方にもイヤな思いをさせてしまいます。
相手のことも考えて、その場が最適と思う人を選ぶ必要があります。

「あなたが呼びたい人」=「精一杯おもてなしをしたい人」

ご招待する方も、単に誰でもいいから手当たり次第というのは、少し違いますね。
ご招待する方は、「あなたが呼びたい人」=「精一杯おもてなしをしたい人」を 呼べばいいのですよ。
単に知っている人ではなく、親しい友人を呼ぶと協力もしてくれますし、とても 喜んで祝福していただけると思います。

司会進行をお願いしたいゲスト

あと、司会や余興、挨拶をお願いする人は進行に支障をきたしかねませんので、 必ず電話で引き受けていただけるかを確認しましょう。
早めに連絡しておかないと、すぐにOKが出るとは限りません。
何人も連絡して、ようやくOKが出るという場合もありますので、早めに連絡する ようにしましょう。
相手にも心の準備や、その他の準備期間が必要ですからね。
そして、OKが出れば招待状に「司会進行をお願いします」と一筆添えて出すように しましょう。
あとは、相手が決まったら、滞りなく進行できるように必ず綿密な打ち合わせをして、 例えば○分以内にまとめてくださいという風に指示もきちんと出さなければなりませんよ。

披露宴の顔、受付

最後に、結婚披露宴の顔とも言える受付です。
ここで結婚披露宴の第一印象が決まってしまいますので、身だしなみに気が使えて 人当たりが良い人を選ぶようにしましょう。
そして、受付はお祝い金や会費を受け取ったりする場所でもありますので、慎重に 人選しなければいけません。
古くからの友人や親族を選ぶといいと思います。
ご招待した列席者の人数により、受付にはこれくらいの人がいるなどありますから、 式場の方とよく打ち合わせしてくださいね。
人数が決まったら、新郎新婦両方の親族や友人から選ぶようにしましょう。
さらに司会に選ぶ人は言葉使いがきちんとできる人がいいなどいろいろありますから、 ここに書いてあることを頭に入れた上で、式場関係の方にきちんと聞いて人選するように しましょう。

MAIN MENU

【結婚式&披露宴編】

【婚活編】

Recommend

式場を探す

結婚相談所

結婚紹介サイト

婚活パーティー

ブライダルエステ

facebookアプリ