結婚披露宴・結婚式・婚活のパーフェクトガイド

式場選びのコツやブライダルフェアの活用法を紹介!

画像

「結婚披露宴の衣装選び」

もう、この時を待っていましたと言う方も多いのではないでしょうか。
単なるドレスではなく、ウェディングドレスを選ぶのですから、もう楽しくて うれしくて仕方がないですよね。
ドレスなら一生のうちに何度か着ることもありますが、ウェディングドレスは一生に 一度しか着ないものですので、選ぶのに何日もかかるということも少なくありません。
でも、どれを着てもなんだかしっくりこないなんてことはありませんか? また逆に、どれを着ても素敵だから選ぶのに困るなんてこともあると思います。

納得いくまでたくさん着る

そんな時は、こんなことをしてみてはどうでしょうか。
ウェディングドレスは1回しか着れませんが披露宴でのお色直しでいろんなドレスを 着ることができます。
例えば、ウェディングドレスはマーメイド型だったから、お色直しの衣装はフワッと したものにしたり、ウェディングトレスは肩の開いたものを選んだけどお色直しでは、 ノースリーブにしたりと、いろいろ考えると楽しいですね。
ウェディングドレスは、基本的に肩開きのものが多いです。
それは、その形が一番新婦がきれいに見えるからです。
でも肩を出したくないという方は、いろんなタイプのドレスがありますので、 試してみてはいかがでしょうか。
意外と、「私にはこれは似合わない」と思っていた形が着てみるとしっくり来るなんて こともありますので、試着は無料なんですからドンドン着てみたらいいと思いますよ。

妊娠中の新婦さん

あとは、妊娠中の人はドレスのサイズがない場合がありますので、試着した日は 入っても当日お腹が大きくなって入らないということもありますので、 当日に妊娠何ヶ月くらいになるのかを必ずスタッフにお話して試着してくださいね。
せっかく選んだのに当日入らないなんてことにならないようにしましょう。
そして一番大切なことは「妥協をしない」ということです。
私の友人でこんな人がいました。
その人は妊娠5ヶ月で衣装合わせをしていました。
式は1ヶ月後です。
ですので、その頃に入るだろうというドレスを試着していたのですが、なかなか決まり ません。
最初に予算を式場の方とお話するのですが、その予算内に納まるドレスを 試着していたのですが、どうしても納得のいくドレスがなかったそうです。
そこで、周りを見回すと1着くだけ目に飛び込んできたドレスがありました。
しかし、そのドレスは予算オーバーで、自分たちも何とか予算を上げようと精一杯の 予算をお話したのですが、それでも手の届かないドレスだったそうです。
そこで、式場のスタッフは「上にかけあってみます」と、目の前で上司に電話をして とても熱心にお願いしてくれました。
そして、その大幅に予算オーバーしていた衣装でOKが出たのです。
なぜここまでしてくれたのか訪ねると、「予算内に納まるドレスで、こちらがお気に召す ドレスを用意できなかっただけです。
こちらの力不足ですね。
でも、結婚披露宴は 一生に一度のものです。
ですから「これ!」と思ったドレスを着てほしかったんですよ」 とお話してくれたそうです。
ただ、ここまでしてくれたのは、新郎新婦も精一杯の誠意を見せたからです。
結婚披露宴とは、全く他人だった2人が結ばれるという奇跡の式です。
奇跡の式にはいろんな奇跡が待っているかもしれませんね。

MAIN MENU

【結婚式&披露宴編】

【婚活編】

Recommend

式場を探す

結婚相談所

結婚紹介サイト

婚活パーティー

ブライダルエステ

facebookアプリ